社会人のための勉強クラブ

これからの社会を生きていくために。

生涯未婚率の上昇…非正規雇用…女性の将来不安が増大している件。

f:id:cg-life:20191015143602p:plain

こんにちは!『社会人のための勉強クラブ』部長のしーじーです。

 

今回は、女性の将来への不安が増大しているということをテーマに記事を書かせていただきたいと思います。

まずは、以下の記事の抜粋をお読み下さい。

SBI生命保険は10月10日、「将来の不安に対する意識」に関する調査結果を発表した。調査は今年8月~9月にネット上で実施。20~60代の男女1000人から回答を得た。

「将来についてどのようなことに不安を感じるか」を聞くと、上位3つが「病気(生活習慣病・がんなど)になる」(73.1%)、「災害にあう」(59.5%)、「事故にあう」(59.3%)となった。近年頻発する自然災害や交通事故など時代を反映する結果といえる。

以降、「貯金がない」(45.7%)「もらえる年金の額」(43.0%)、「親の介護」(41.3%)、「病気(精神疾患・うつ病など)になる」(41%)と続く。

「病気がキッカケでお金、仕事など全てを失いそう」

 

年代別では、40代は「病気やケガで働けなくなる」(48.3%)の項目が他の世代より高かった。また50代では「充分な収入が得られなくなる」(51.2%)の項目が他の年代に比べて高く、それぞれの世代で抱える不安が明らかになった。具体的には、

「病気がキッカケで、お金、仕事など全てを失いそうだから」(女性/47歳/既婚)
「子供がいないので、自分や妻が病気になったら、経済的な面や介護などどうすればよいか解決策を思いつかない」(男性/55歳/既婚)

など将来を危惧する声が寄せられた。

また、20代女性は「貯金がない」(59.0%)、50代女性は「親の介護」(59.4%)がほかに比べて多かった。一方、20代男性の24.1%は「特に不安はない」と回答した。全体では「孤独になる」と答えた人が25.1%で4人に1人の割合だった。

もし病気になった場合、何を最も心配に感じるかを聞くと、「仕事を失う」「働けなくなる」「充分な収入が得られなくなる」の収入減につながることが合計31.5%と最多。年代に関わらず生活するために働いて収入を得ることの重要性が明らかになった。

以降、「治療費がかかる」(25.3%)、「家族に負担がかかる」(20.9%)、「生活費に関する心配」(10.8%)という結果だった。

「充分な収入が得られなくなる」の割合が他の年代より高かったのは、男女共30代(男性28.1%、女性25.0%)だった。「家族に負担がかかる」では、特に50代女性(36.6%)、60代(42.1%)が高い。

 (引用)ライブドアニュース

https://news.livedoor.com/article/detail/17221728/

日本は、派遣法や男女雇用機会均等法やバブル崩壊により賃金の上がりにくい国になりました。

企業が労働者を出来るだけ安く使えるように法律が徐々に改正されてきたのです。

しかし、日本人のマインドは革新的ではなく、幾多の法律の改正になかなかついていけなかったように感じます。

日本では今でも「終身雇用制度」というものが一部の大企業や公務員の間で生きていますが、生涯に渡って同じ仕事を続けられる人の割合はずいぶん下がってきていると思います。

www.cg-life.com

www.cg-life.com

最近は大手の企業でも早期退職などという形でのリストラが進められてきており、今後もその流れは加速していきそうです。

また、以前(現在の団塊の世代の方々)は、男性一人で家族を支えることが出来る一人前の賃金を得ることが出来ましたが、女性を労働者の牌に数えることになったことによ、男女二人で一人前の給料を稼ぐという時代にシフトしてきました。

つまり、労働者一人当たりの賃金は昔に比べ男女とも大幅に下げられてしまい、結婚しても共働きが当たり前で、専業主婦という言葉は死語になりつつあります。

そんな中、特に将来に不安を感じているのが女性だと上記の記事で取り上げられています。

現在の20代~の女性の親世代は、まだ日本が元気だった頃に働いており、自身もきっと親と同じような人生を踏襲するのだろうと漠然と考えている人が多いように思います。

しかし、婚姻率の低下(女性の5人に1人が生涯未婚になる予測)が浮き彫りになっている現在では、自身が生涯未婚であるという可能性の元、将来のリスクを抑える意味でも非正規雇用で単純労働に従事するのではなく、正規雇用や自身のスキルを高められる仕事に就くのがいいのだろうと考えます。

 

また、“結婚”がしたいのならばある程度の妥協が必要でしょう。

僕は30代半ばですが、自分の身の回りの同年代の女性にも「結婚したい」とずっと言っている女性が何人かいますが、結婚相手の条件にもなかなか妥協することが出来ず、結婚出来そうな気配はありません。

男の目線から見ても素敵な男性なんてそうそういません。

「白馬に乗った王子様」なんてもの想像上の生き物であり存在しないのです。

一見素敵な男性でも、化けの皮を剥がせば大抵は醜い生き物なのです。

もちろん、最低限は選ぶ必要はありますが、恋愛などは騙し合いみたいな側面もありますから、結局最後は運ゲーです。

 

男性、女性問わず先行きが不安な現在ですが、大事なことは情報の収集と選択です。

右に倣えで周りと同じ方向に進んでいるだけでは、その先に崖があったとしても気付かずにみんな仲良く落ちて行ってしまうことになるでしょう。

僕自身も周りに流されがちですが、自分の人生の歩み方を自分で決めることが重要です。

 

では、また次回。