社会人のための勉強クラブ

これからの社会を生きていくために。

社会人になると友達なんて少ない方がいいですよ。

f:id:cg-life:20191113181823p:plain

こんにちは!『社会人のための勉強クラブ』部長のしーじーです。

 

今回は、社会人になると友達なんてそんなに沢山要らないですよ。というテーマでお話したいと思います。

「友達」という言葉の定義は人それぞれだと思いますが、みなさんは友達と呼べる人は何人くらいいるでしょうか?

そのうち「親友」と呼べる人はどれくらいいますか?

僕は…友達は多分十数人くらい。

内訳は…幼少期から中学生まで一緒だった数人高校時代の友達数人職場に数人といったところでしょうか?

その内、親友と呼べるであろう人は…4人くらいでしょうか?

僕個人の親友の定義?は…僕という人間の良い所も悪い所も含めて100%に近いくらい曝け出せる、また相手も恐らく僕に曝け出してくれているであろう人を言います。

僕は、僕を取り巻くほとんどの人に対して仮面を着けて生きています。

みなさんも恐らくそうでしょう。

社会生活をする上で、本音でばかり生きていては、軋轢を生んでしまいかねないですからね。

そんな仮面を取り払って、(ほとんど)本音で、気を遣わず語り合えるのが親友というものではないでしょうか?

「友達100人出来るかな? 」

 小学生になる時によく聴いた『いちねんせいになったら』という歌の一説です。

 何故か分からないですが、何となく幼い頃は「友達は多い方がいい」と思い込まされていたように感じます。

まぁ、当時は遊びに全力投球出来たので友達が多くても大丈夫でした。

学校自体が遊びや友達付き合いの場でもありましたし…。

しかし、大人になって社会人にもなれば、そんなわけにはいきません。

働かなければいけませんし、結婚していたら家事や育児に忙殺されることもあるでしょう。

友達との付き合いに費やせる時間は激減します。

さて、そこで気付いたのです。

「友達ってそんなにたくさん要らないんじゃないか?」

「本当の自分を受け入れてくれる人が1人でもいてくれたらそれで十分じゃないか?」

と…。

 

もう一つ、そう思った出来事があります。

僕はこのブログを始める前…1年半くらい前に「Twitter」を始めました。

まぁ、だいぶ「今更かよ感」はありますが…。

このブログとは無関係の趣味のアカウントです。

僕はSNSはほとんどやらないんですが、「趣味を共有できる友達が欲しいな。」と思って始めました。

実はそれ以前にも2回ほどアカウントを作ったことがあったんですが、ほとんど操作しないままIDやパスワードを忘れてしまって放り出してしまいました(笑)

今回こそはTwitterを継続したいという気持ちから、とりあえず何でもいいから目標を立てようと「フォロワー1000人」という目標を決めてみました。

Twitterを始めて最初の半年くらいでフォロワーは急激に増え、今は増え方はだいぶ緩やかになりましたが1000人に近い所まで来ました。

でも、やはり途中で気付きました。

いくらフォロワーが増えても(もちろんフォローしていただけるのはありがたいですが)、実際に絡んだり、会ったりするのはほんの20人~30人。

タイムラインもごちゃごちゃになって見にくくなりました。

フォロワーの方の中にも僕と同じことを感じた人がいるようで、アカウントを作り直して、「実際に会ったことのある人だけをフォローする」という方針に切り替えた方が何人かいます。

非常にいい手だなと思いましたが、今からまたアカウントを作り直すのもめんどうなので、僕はやらないと思います。

 

みなさん、ご存知のように“時間”というものは有限です。

友達は無理にたくさん作る必要はないと思いませんか?

極論を言えば、本当の自分を知ってもつかず離れずいてくれる人が1人でもいればそれでいいのかも知れませんね。

 

では、また次回。